2008年05月23日

テラス屋根 雨樋

屋根つながり?で、カタログからだけでは、
いまいちどうなってるのか、わからない特集ということで、
「テラス屋根の雨樋」をご紹介したいと思います!

見本になってくれるのは、
トステムさんのアルファテラスL型木目調です。

そういえば、樋ってみなさん、どうやって読むんですかね??

雨どい
雨とい
雨とよ
雨とゆ
雨どゆ

かなぁ、きいたことあるのは。
どれが、由緒正しいのでしょうか。

実はよくわかってないんです・・・
私は、「雨どい」派で、「樋」だけのときは「とい」派。

どなたか、ご存じだったら教えて頂きたい!



で、それはさておき、雨樋なのですが、
縦樋さんと横樋さんが協力しあって、
テラス屋根の雨水を受け止めてるわけなのですが、
その部分が、ここ↓なのです。

04.jpg

えっと。
ぴょこ っと顔を出してるところが、
横樋(テラスの前枠部分)で受けた雨水を、
縦樋へながすための中継場所なのです。

ちょっと、写真がよろしくないですかね・・・

この「ぴょこ」部分に、縦樋を接続したらいいのですが、
通常、テラス屋根って柱が2本ですよね。

で、ご自宅によって左右のどちらに縦樋を設置されるかって、
もちろん違いますよね。

そんなわけで、テラス屋根の前枠といいますか、
横樋には、この「ぴょこ」部分予備軍が、
左右に1か所ずつあるんです。

で、片方しか使わないので、

05.jpg

もう1コには蓋をしちゃうのです。

私には、これもびっくりでした。
やー、ショールーム行って初めてしったんです。
蓋しちゃうんだー と思いまして。

エクステリアは、施工性を少しでもアップすべく、
そして、使い勝手もよくすべく、
色々細かな工夫がされてるんですが、
そういう裏側(というほど、大袈裟なものじゃないですが)的な
トコロを覗くのがダイスキなので、
ショールーム行ったり、商品部の方とお話できる度に、
興奮しちゃうのです!




posted by かしま at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。